色相・彩度・明度

色相とは、や黄、緑、青などの「色味」を表す要素です。色味は細かく分ければキリがありませんが、暖色と寒色に大別することができます。なお、本サイトでは、便宜上、黄色を中心とするような色(左半分)を暖色系、青を中心とするような色(右半分)を寒色系としています。

彩度とは、「鮮やかさ」を表す要素

彩度とは、「鮮やかさ」を表す要素です。同じ色相の色でも、彩度が高い色ほど鮮やかに見え、低い色ほどグレーに近くなります。彩度がゼロの場合、色味がないので、無彩色(黒や白、グレー)になります。

明度とは、明るさ」を表す要素です。色相や彩度が同じであっても、明度が低いほど黒っぽく、高いほど明るい色になります。

[st-mybox title=”ポイント” fontawesome=”fa-check-circle” color=”#FFD54F” bordercolor=”#FFD54F” bgcolor=”#FFFDE7″ borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold”]

正反対に位置する色のことを補色と呼びます。補色同士を並べて配置するとお互いに引き立て合って鮮やかに見えます。しかし使いどころを間違えると、まぶしくかえって見えにくくなってしまいます。

[/st-mybox]